若者世代でNo1の性病は?

若者世代でNo1の性病は?

若い世代は恋愛について興味津々です。思春期以降の男女は心身共に成熟します。恋愛や性的な行為に関心が出るのが普通です。また実際に恋愛を楽しむ人々もいます。

素敵なボーイフレンドやガールフレンドを作り、甘い恋愛を楽しむ人々も、若い世代には少なくありません。若いとは言え、20歳前後となれば、結婚しても良い年齢です。

また男女双方とも、セックスに最も関心がある時期です。親密な関係になった男女が、お泊りデートをすれば自然と肉体関係に発展します。

プラトニックラブという道もありますが、普通の男女なら若い世代の頃からセックスをするものです。最近では、結婚の前から愛を育む若者が増えてきました。

同棲中のカップルであれば、それこそ新婚夫婦並にセックスをします。また最近では便利なラブホテルやカップル向けの温泉プランなどもあり、昔に比べてこっそりとセックスが楽しめる環境が整備されています。

ただし、セックスを行う上で注意したいのが性病です。日本国内では危険な感染症の大多数が撲滅、絶滅しています。医療関係者の努力の賜物です。ただし、性病については未だに多くのリスクが残されています。

日本の国のような衛生管理が行き届いた場所では、空気感染による感染症の発症リスクは低めですが、一方で恋人とセックスを高頻度で行えば、性病に感染するリスクが出てきます。

若い世代に一番多い性病ですが、クラミジアです。クラミジアは数ある病気の中でも感染力が最も高いのが特徴です。

セックスの前に男女揃ってお風呂に入り、シャワーやバスタブで汗や細かいゴミなどを洗い落とせば、大半の感染症は予防出来ます。また健康的な男女の体には免疫力が自然と備わっています。

そのため、心身ともに健全なカップルであれば、特に対策をしなくても性病に至る事はほとんどありません。

しかし、クラミジアだけは例外です。ホテルや旅館、そして自宅などのお風呂を先に利用して、体中をキレイにしてからセックスを始めても、感染するリスクがあります。

通常のセックスを行うだけでも、約30%の確率で感染します。男性がペニスを女性の膣に入れて出し入れをする、という一般的なセックスでも、その感染率です。

また勃起したペニスを女性の口で愛撫してもらう、フェラチオなどをした場合も、クラミジアに感染する確率が出てきます。性器だけに感染するイメージがありますが、若い女性の場合、喉の奥でクラミジア感染が起きる事も多いです。