梅毒という性病について

梅毒という性病について

みなさん、「性病」はご存知でしょうか?「性病」とは主に性行為にて感染する病気であり、その種類は10種類を超えるといわれています。性行為をしていなくてもキスによって感染する可能性もあります。

性病の中でも特に怖い病気が「梅毒」と呼ばれるものです。昔は治療薬が無く、不治の病として恐れらていました。今では治療薬が開発され、早期発見・早期治療により完治させることができます。

梅毒とは梅毒トレポネーマを病原体とする病気で、皮膚や粘膜の小さな傷から病原菌が血液中に入って全身に広がります。男女ともに症状は同じものとされていますが、主に感染して約3週間後に初期症状が現れます。

感染した箇所の皮膚や粘膜にしこりができたり、そのしこりが硬く盛り上がってきます。またリンパ節に腫れが見られます。こちらは放置しておくと数週間で消えますが、感染して約3か月後にはあらたな症状が現れます。

第二の症状として、体の中心付近にピンク色の円形のあざが出始めます。赤茶色の小さなぶつぶつや脱毛症状が現れる場合もあります。これらの症状も放置しておくと最長3年で治り、その後無症状が続きます。

感染して約3年後、第三の症状が現れます。皮下組織に大きめのしこりができるのです。結節性梅毒疹と呼ばれます。その後、第四の症状として心臓や神経などに重い障害が現れます。

現在では第三、第四の症状の発生はほとんど見られませんが、症状の悪化を防ぐために早期発見することが一番大切です。

対処法として、症状がなくても性行為や感染する可能性のある行為を行った場合は、定期的に検査することをおすすめします。

病院での検査ももちろん可能ですが、病院に行く時間がない方やプライバシーを重視したい方には匿名で検査のできる検査キットがあります。

自宅で血液を採って郵送すると、結果をインターネットで確認できます。こちらは感染した可能性のある日から1か月後から受けることができます。

大変手軽ですので、自分自身、パートナーへの感染のリスクを減らすためにも一度検査してみてはいかがでしょうか。明らかに症状が出ている方は医療機関をすぐに受診しましょう。

パートナーの感染率も高いので一緒に検査・治療が必要になります。男性は皮膚科や性病科、女性は婦人科でも検査できます。保険適用かどうかは医療機関によって異なりますので事前確認をしましょう。

梅毒は年々右肩上がりで感染者が増えている病気です。現在では推計4000人以上の感染者がいるとされています。これ以上感染者を防ぐため、そしてパートナーと安心して性行為をするため、検査は定期的に行いましょう。