感染力が強くて怖い性病がある?

感染力が強くて怖い性病がある?

性病はセックスをお盛んにする若い男性だけが感染するもの、そう考える人々がいます。確かに、危険な夜遊びをしたり、不特定多数の男女とセックスを楽しむ男性の感染率が高めです。しかし、性病の中にはクラミジアという普通の女性でも、突然感染する感染力が強い病気があります。感染力が極めて強く、ごく普通にセックスを行っただけで、3割の女性がその性病に感染します。自分だけは大丈夫といった意識は捨てなければいけません。世の中には怖い感染力を持つ病気があり、予防が大事です。

性病の治療薬はくすりぴあで購入していただく事ができます。

若い世代に多い性病第一位は?

若い世代に多い性病第一位は?

若い世代に多い性病と言えば、クラミジアです。一番多い性病として昔から恐れられています。感染者の割合は、いわゆる学校で言えば、1クラスに2人から4人程、その性病に感染している計算になります。クラミジアは感染力が極めて強く、コンドームを利用しないセックスをすれば、毎回2割から4割程の確率で感染すると言われています。予防策としては、コンドームを正しく利用する事、不衛生な環境ではセックスをしない事、フェラチオなどの行為は避ける事などが挙げられます。

性病や性病治療薬についてもっと知りたい方はお薬辞典をご覧ください。

怖い性病の梅毒とは?

怖い性病の梅毒とは?

怖い性病の梅毒とは、主に乱交や売春など性行為が第1感染経路とされている感染症です。また、性行為以外にも妊娠中や出産時に感染する母子感染もあります。1999年に全世界で推定1200万人で新規感染されたと考えられており、その90%は発展途上国で起きています。症状は4段階あります。侵入した部位(性器)にしこりが生じる第1期や全身のリンパ節が腫れて、発熱や倦怠感などが出てくる第2期、症状が消える潜伏期を経て、皮膚や筋肉、骨にゴムのような腫瘍ができる第3期や多くの臓器に腫瘍ができたり、脳や脊髄、神経が侵され死亡する第4期が症状が現れる順番になります。

梅毒などの性病治療薬はクスリグラで購入していただく事ができます。

抗生物質で治癒できる性病は?

抗生物質で治癒できる性病は?

抗生物質は、微生物が生成する物質で、他の微生物の成長を阻害する働きがあります。そのため、性病を治癒させる目的で使用されることがあります。性病は最近やウイルスなどによって引き起こされるので、適切な抗生物質を用いれば、治癒させることができます。例えば、クラミジア、梅毒、淋病などの治療に用いられます。ただし、抗生物質といってもペニシリン系、マイクロライド系、ニューキノロン系など多種多様であるため、適切な選択をする必要があります。

性病は自然治癒しません。ただちに治療する薬はこちらから購入していただく事ができます。

通販で購入できる抗生物質の種類

通販で購入できる抗生物質の種類

抗生物質といえば、病気の原因となる菌の増殖を抑制し、殺菌する効果のある治療薬であり、おもに感染症の種類によって三種類に分類され、細菌なら抗菌薬でカビなら抗真菌薬、ウイルスなら抗ウイルス薬となっています。そんな抗生物質は通販でも購入が可能であり、とくに海外からの個人輸入ルートでの通販が主流となっています。購入可能な種類としては、膀胱炎やクラミジアに効果的なクラビットやそのジェネリックであるフレキシレボ、インフルエンザにも使用されるジスロマックやそのジェネリックのアジーなどが有名ですが、他にもイビアモックスやビブラマイシン、カーネステンやアルダラなど、さまざまな抗生物質の購入が可能です。